| English |

コスカレードin三次町北の蔵プロジェクト@2012-09-15,16

[最終更新日: 2012/09/18]

イベントは終了いたしました。 たくさんのご来場ありがとうございました!


三次市のお祭り「三次町 北の蔵プロジェクト」とタイアップ!
神様・妖怪・和装パレード「天孫降臨かみさま行列」も開催。
三次をたっぷり楽しめる2日間。

三次町本通り商店街やその周辺での街歩き系お祭りイベント。
和装・妖怪・神様・神社系コス、レトロ街並みや河川敷を生かした幕末風コスや学生コスにオススメのロケーションです。もちろん女装さんやドーラーさんも楽しめます。
そしてコスのまま範囲内の飲食店入店OK、1日目は夜間撮影や神楽観覧も可能!

三次町北の蔵プロジェクト2012 ポスター

三次町北の蔵プロジェクト2012 ポスター
画・宇河弘樹(朝霧の巫女 原作者)

コスカレードin三次町北の蔵プロジェクト

●開催日:2012年9月15日(土)・16(日)
●メイン会場:卑弥呼蔵(三次市三次町1144-1)http://himikokura.com/
●更衣室:三次市文化会館(三次市三次町1691-4)http://www.pionet.ne.jp/~bunka-kaikan/
●更衣室利用可能時間:15日 9:30〜21:00/16日 9:30〜16:00
*15日の更衣室は21:00まで開いているので夜間撮影も可能です!
●コスプレ参加料:1000円(当日三次市文化会館にてお支払いください。予約不要)
*見学のみ・撮影のみの方は無料。
*2日間ともコスプレ参加の方は2日目が半額(500円)になります。

●撮影範囲:卑弥呼蔵、三次本通り商店街、太歳神社、巴橋周辺、西城川土手となります。
※周囲に無料駐車場多数あります。(詳細はこちらの地図画像のマップ参照)
※卑弥呼蔵さんより「15日の夜中は卑弥呼蔵赤猫を開放します。ザコ寝でよければどうぞお使いください」とのことでした。ぜひ2日間ともご参加ください。

●交通アクセス:
*車:中国自動車道三次ICから約15分
*JR:JR三江線尾関山駅から徒歩5分、JR芸備線三次駅からバス約10分
*バス:広島バスセンターなどから三次バスセンターや三次小行きの高速バスあり。
高速バスの広島バスセンター~三次便のうち、広電バス便ですと、会場の最寄バス停である【三次小】まで乗り換えなしで移動できます。
[時刻表] http://www.h-buscenter.com/timetable/miyoshi.html
駅もしくは三次バスセンターから徒歩の場合ですと、約20分かかります。

「2012古事記編纂千三百年『卑弥呼とミコト』の祭り 第6回 三次町北の蔵プロジェクト」公式サイトはこちら

受付&更衣室はピンクのピン、黒い枠の中が撮影想定範囲です。
衣装着用のままでの移動は更衣室周辺と撮影範囲目安(黒枠)内を想定していますが、撮影を付随しない目的のある移動(コンビニで買い物するとか)であれば可能です。ただ、何かあったときにフォローできかねますので、あまり遠くへ行かないでくださいね。
また、三次町内(巴橋を渡らない)に宿泊する人はお宿の許可があれば土曜の夜・日曜の朝の更衣をお宿で行うことが可能です。その場合でも更衣室チケットは必要となりますので、詳しくはお問い合わせください。


【お知らせ】
9/9の「撮りたい人撮られたい人お集まり候」は9/15、16の「コスカレードin三次町北の蔵プロジェクト」と合併開催しますので、中止となりました。


撮影ロケーションサンプル





イベントプログラム

■9月15日(土) 18:00~「天孫降臨かみさま行列withコスカレード」

神様・和装・妖怪をテーマにした仮装パレードを開催!
参加者にはコスプレ用品や宿泊券があたる抽選会に参加できます。
ぜひご参加ください。
※コスカレードのコスプレ更衣室チケットを持参の方のパレード参加は無料です。

<スケジュール>
●17:30 卑弥呼蔵に集合。参加者集合が完了次第、移動開始
●18:00 三次市歴史民俗資料館前からかみさま行列開始
●18:45 太歳神社にてセレモニー
●19:00 卑弥呼蔵にてエンディングセレモニー&抽選会
詳細はこちら


■9月15日(土) 20:00~「伊賀和志神楽団 神楽上演」

●出演:伊賀和志神楽団(広島県指定無形民俗文化財)
●演目:神降ろし、塵倫、八岐の大蛇(他2演目)
●開催会場:卑弥呼蔵
●鑑賞料:無料
●幕間出演:A-up、Princess Carnival
※神楽上演プロジェクトの鑑賞料は無料ですが、蔵プロジェクトの基本理念である“卑弥呼蔵存続”に協賛いただける方へ、かぶりつき席(50席、2000円)をご用意致します。詳しくはお問い合わせください。
詳細はこちら


■2012年9月15日(土)16(日) 11:30〜12:30「宇河弘樹先生サイン会・即売会」

三次町や大歳神社を舞台にした漫画「朝霧の巫女」の作者・宇河弘樹先生の新刊「二輪乃花」(9/12発売)の即売会&サイン会が開催されます。
●開催時間:9月15日(土)16(日) 11:30〜12:30予定
●開催会場:卑弥呼蔵
詳細はこちら


■2012年9月15日(土)16(日) 終日「ワークショップ&展示」

廃蔵を改造した妖怪小屋、屋台、ワークショップ、音楽ライブ等のイベントを開催します。
出展ブースはたたみ一畳分のスペースを参加者が自由に活用することができます。
●開催時間:15日 10:00~26:00、16日 10:00~15:00
●開催会場:卑弥呼蔵
●ブース出展料:自己申告による売上の1割
詳細・出店方法はこちら


■2012年9月15日(土) 11:00~17:00/16日(日) 11:00~15:00 「朝霧の巫女 ミニ四駆グランプリ」

卑弥呼蔵にミニ四駆コースが出現!『朝霧の巫女』をモチーフにした三次町北の蔵プロジェクト・ワークスマシンが登場予定!!
●イベント形式:タイムトライアルを予定(その他、フリー走行タイムあり)
●開催会場:卑弥呼蔵
●参加料:無料
●コースレイアウト:実在のサーキットをモデルにしたコースを予定
詳細はこちら


■9月16日(日) 13:00~ 宇河弘樹presentsパネルディスカッション「僕らのサードプレイス 卑弥呼蔵」

『朝霧の巫女』原作者、宇河弘樹プロデュースによるパネルディスカッション企画。
「僕らのサードプレイス卑弥呼蔵」をテーマに、地域コンテンツやコミュニティ機能を中核に据えた地域活性化モデルの構築についてディベートを行います。
●開催会場:卑弥呼蔵

●パネリスト(敬称略):
<第1部>地域文化・コンテンツを基盤とする自己表現の場としての卑弥呼蔵についてコスプレをキーワードに討論を行います。
・司会:カワサキマミ(広島オタクマップ代表・コスカレード代表)
・河口知明(元広島アキハバラ塾塾長・コスカレード代表)
・松浦妙子(広島アニメーションシティ理事)
・硝子(コスプレイヤー)

<第2部>地域コミュニティ拠点としての卑弥呼蔵をテーマに、三次に縁のなかったヨソモノ的存在が繰り返し卑弥呼蔵を訪れる理由を探ります。
・司会:松村薫子(大和ミュージアム学芸員)
・保坂幸一郎(梅鉢製作所代表・三次アニメーションタウン理事)
・小林勇樹(三次市地域おこし協力隊・三次アニメーションタウン代表)
・宇河弘樹(『朝霧の巫女』原作者・三次町北の蔵プロダクツ取締役)

<第3部>卑弥呼蔵を中心とする三次本通商店街の将来のあり方を探るべく、地域文化コンテンツの活用と地域コミュニティ拠点機能をテーマに、地域経済学・社会学の観点から討論を行います。
・司会:谷口重徳(広島国際学院大学准教授・広島アニメーションシティ事務局長)
・大石玄(国立釧路工業高等専門学校准教授)
・井上峯晴(三次本通商店街振興組合理事長)
<総合司会>
・宇坪涼美(三次町北の蔵プロダクツ代表取締役)





※内容は企画中のものです。予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

★コスプレイヤーズアーカイブ イベントページ:
(1日目) http://www.cosp.jp/event_info.aspx?id=32392
(2日目) http://www.cosp.jp/event_info.aspx?id=32393

公式LINEアカウント

コスカレードの公式LINEアカウントでは最新のイベント情報を配信しています。
QRコードまたはLINEアカウント「@cosquerade」で検索!

コスプレを撮影するときは…
無断撮影はマナー違反です! コスプレ撮影マナー コスプレ撮影マナー コスプレ撮影マナー コスプレ撮影マナー
4コマ漫画:影由(カゲロウ)
★楽しくイベントを過ごすため、 その他のガイドラインも御覧ください。
お願い
【コスプレロケをなさる方へのお願い】
過去のコスカレード会場の一般立ち入り禁止区域にて無断コスプレロケ撮影がなされていると連絡がありました。過去のコスカレードイベント会場をコスプレ撮影目的で無断利用なさらないようお願いいたします。
facebook
広告
コスカレードバナーコスカレードバナー
コスカレードはリンクフリーです。
(C)コスカレード実行委員会 Powered by WordPress and Designed by 粋テーマ